日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 

バクスター株式会社 ログイン/新規会員登録

腹膜透析(PD)

PDに伴う合併症(感染症)

 腹膜透析(Peritoneal Dialysis:PD)の感染症は予防が第一ですが、罹患した場合は迅速かつ的確な診断と治療を行い、しっかりと完治させることが重要です。
 ここでは近年の日本透析医学会および国際腹膜透析学会のガイドラインを基本にしたPDの感染症の診断および治療法をご紹介いたします。

 

1 - 1.カテーテル関連感染症 概要

このコンテンツをご覧になるには、ログインが必要です。

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ