血液透析(HD)

血液透析(HD)

1960年代当時、透析の世界では不均衡症候群が大きな問題であり、腎臓学会からの中分子量物質を除去する膜が必要との熱望に基づき、パリのネッカー大学病院との開発研究を経て、1969年に世界初の合成高分子膜を開発しました。
この膜は開発年にちなみAN69と命名されました。1972年、ローヌ・プラン社が世界で初めてAN69膜を用いた透析器をRP-6という製品名で製品化しました。
ただ、除水性能が高すぎたため、その当時の機器ではコントロールできなかったため専用のUFコントローラー装置と併用されました。
また、この膜は生体腎の構造、機能を強く意識して膜荷電、物質除去曲線を設計しており、生体適合性の優れた膜としての長期の臨床経験などから全世界で45年以上にわたり高い評価を得ています。
H12ヘモダイアライザーは、RP-6販売開始から、12年目であることを記念して命名され1983年に国内で販売が開始されました。

また従来の血液透析(HD)では除去できない中大分子量物質を除去するために血液濾過(HF)という方法が1970年代より行われるようになりました。その後HFとHDを合わせた血液透析濾過(HDF)が行われるようになり、高い濾過流量を得るために透水性が高い膜が求められていました。このニーズに対応するために1976年に3層構造で透水性のあるポリアミド膜(PA膜)が開発されました。さらにこのPA膜に耐熱性のあるポリアリルエーテルスルホン(PAES膜)を配合し、ポリフラックスHが2002年に販売開始になりました。ポリフラックスHは現在80か国以上の国で使用されており、日本では血液透析濾過器「ポリフラックスHヘモダイアフィルター」として2018年に販売開始されました。

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ