領域別情報

吸入麻酔液

全身麻酔では、通常、吸入又は静脈麻酔薬に加え、筋弛緩剤及びオピオイド鎮痛剤等を併用する
方法が行われています。医療現場ではこれらの薬剤に作用発現が速いこと、麻酔中の調節性がよ
いこと、麻酔後は速やかに覚醒/回復すること等が求められています。また生体内代謝率がより低
く安定した体内動態の実現を目指して吸入麻酔液の開発が進められてきました。スープレン吸入
麻酔液は炭素と結合力の強いフッ素のみでハロゲン化された化学構造を有すため、 生体内で優れ
た安定性を有します。各組織の組織/血液分配係数は、他のハロゲン化麻酔剤 と比べて最も小さい
値でを示します。2011年4月22日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、2011年7月に販売を
開始しました。

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

※フロシールに関するコンテンツと会員登録は、フロシールサイトをご参照ください。

 

fighttp://www.floseal-jp.com/

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ