吸入麻酔液

術後認知機能障害の予防・治療戦略

河野先生

河野 崇 先生

高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座 教授
インタビュー実施日:2022年9月30日
(オンラインにて)

現在、手術・周術期医療にかかわる医師・医療従事者の率直な問題意識はどのようなものだろうか?新型コロナウイルス感染症の問題はさておき、おそらく、手術を受ける患者の高齢化と、予後への心配が大半を占めるのではないだろうか。文献化された資料は存在しないものの、National Database (NDB) オープンデータのデータなどから手術を受ける患者の半分以上が65歳超えの高齢者であるという現実がある1) 。いうまでもなく、高齢者の手術では周術期管理が難渋する場合も多く、特に、周術期・術後遠隔期の認知機能への影響が無視できない問題である。そこで、術後認知機能障害の予防・治療戦略に見識を持つ高知大学の河野崇先生に、麻酔科医・周術期医療にかかわる医療従事者が実践すべきポイントをお聞きした。

JP-PH49-220181 Ver.1.0

このコンテンツの全文をご覧になるには、ログインが必要です

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ