日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

領域別情報

血液透析(HD)

血液透析(HD)概要

血液透析の目的、ダイアライザーについて

血液透析は、腕の血管に針を刺し、ポンプを用いて血液を体外に取り出し、人工腎臓といわれるダイアライザー(透析器)に通すことによって、血液を浄化する方法です。体内にたまった尿毒素の除去や血液中のNa(ナトリウム)・K(カリウム)・Ca(カルシウム)といった電解質のバランスの調節をします。きれいになった血液は、再び体内に戻されます。また基本的に週3回施行され、治療間にたまった余計な水分を除去します。ダイアライザーの種類には、中空糸(ホローファイバー)型、積層型があります。中空糸型は約1万本位のストロー状の管が筒の中に固定されており、この筒の内側を血液が、外側に透析液が流れる構造になっており、市場のほとんどのダイアライザーがこの構造です。積層型は数層の平らな固定版の間に透析膜をはさみ、透析膜の間を血液が流れ、透析膜と固定板の間を透析液が流れる構造になっており、バクスターのH12ヘモダイアライザーはこの積層型に属します。中空糸型、積層型ともにこの膜を介して、拡散や濾過の原理により物質移動が行われます。

 

市場にあるダイアライザーと膜素材について

現在、膜面積のそれぞれの品番を数えると約400種類のダイアライザーが販売されています(2018年4月現在)。また膜材質は7種類あり、それぞれの特性(除去能力、生体適合性)により機能区分で分類されています。特定積層型以外のダイアライザーはβ2-マイクログロブリン除去能力や特殊性から、日本透析医学会の「血液浄化器(中空糸型)の機能分類2013」に基づき、I型、II型、S型に分かれています。また臨床でのアルブミン漏出量を予測できるように、I、II型はそれぞれa型(蛋白非透過/低透過型)とb型(蛋白透過型)に分類されています。S型に関しては生体適合性、吸着特性有するなど、従来の溶質除去能力以外の特殊性を学会が認めた分類です。

膜素材に関しては合成高分子系とセルロース系に分けられ、前者に当てはまるのがポリスルホン系のPS膜(ポリスルホン),PES膜(ポリエーテルスルホン)、PEPA膜(ポリエステル系ポリマーアロイ)やEVAL膜(エチレンビニルアルコール共重合体),PMMA膜(ポリメチルメタクリレート)、AN69膜(アクリルニトリル・メタリルスルホン酸ナトリウム共重合体)で、後者に当てはまるのがCTA膜(セルローストリアセテート)です。また除去特性から、β2-マイクログロブリンの除去特性が優れ、アルブミン漏出が少ない膜をシャープな分画特性を有する膜、小分子から大分子まで幅広く除去できる膜をブロードな分画特性を有する膜と表現することもあります。PS膜、PES膜、PEPA膜、CTA膜はシャープで、EVAL膜、PMMA膜、AN69膜はブロードと一般的に言われています。

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

※フロシールに関するコンテンツと会員登録は、フロシールサイトをご参照ください。

 

fighttp://www.floseal-jp.com/

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ