腹膜透析(PD)

腹膜透析(PD)

末期腎不全における療法選択

概要

末期腎不全における療法選択 ~Shared Decision Making(SDM)~

治療方針決定の代表的なアプローチには、過去の経験や最新の知見に基づき医療者が決定する「パターナリズム(paternalistic approach)」、医療者が患者に選択肢・情報を提示し患者が自己責任で決定する「インフォームドアプローチ」、そして、医療者からの情報とともに、患者からの情報も含め、患者のニーズに基づき話し合いを重ねて協働で意思を決定する「協働アプローチ(Shared Decision Making:SDM)」があります。

これらのどのアプローチが適切かは、その時々の状況によって異なりますが、唯一最善な治療法が明確でなく、治療法に選択肢があり、QOLや予後への影響など、患者負担が大きい治療に関しては、「SDM」が適切であろうと考えられます。

腎臓病は、慢性疾患であり、治療は患者の価値観やQOLに影響を与えるため、治療の選択・意思決定にあたっては、「SDM」のアプローチが適切な領域と考えられます。同じ年齢、性別、源疾患を持つ末期腎不全患者であっても、どの治療がその患者(や家族)にとって最善かは、日々の 生活の様子や生きがい、人生観等によって異なりますし、患者(や家族)のライフステージによっても変化していきます。

ここでは、腎不全の療法選択支援にあたり、SDMを実践されているご施設の取り組みをご紹介いたします。

---
【参考】
腎臓病SDM推進協会 ホームページ https://www.ckdsdm.jp
---

●腎不全治療の療法選択支援におけるShared Decision Making(SDM)の実践
1: 日本赤十字社和歌山医療センターの取り組み
2: 独立行政法人国立病院機構災害医療センターの取り組み
3: 国家公務員共済組合連合会呉共済病院の取り組み

末期腎不全における療法選択

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ