腹膜透析(PD)

腹膜透析(PD)

PDに伴う合併症(感染症)

2 - 1.PD腹膜炎 概要

日本透析医学会「腹膜透析ガイドライン2019」より引用

 

 腹膜炎は除水能力の低下や腹膜機能の低下を惹起させ、カテーテル抜去、HD への移行、被嚢性腹膜硬化症(EPS)への進展、死亡の原因となるためPDを管理していく上で大きな課題です。腹膜炎を予防し、早期治癒させることが腹膜の機能を温存しPDの継続につなげる重要なポイントとなります。

 

感染経路

感染経路は外因性と内因性に大別されます。

fig

バクスターPDナースカレッジテキスト 2020年改訂版 JP-200091(1)

 

【外因性】

  • 経カテーテル感染:接触汚染(タッチコンタミネーション)などにより菌がカテーテルの中を通り腹腔内に侵入する感染経路です。
  • 傍カテーテル感染:菌がカテーテルと皮下組織などの間を経て(出口部・皮下トンネル感染からの波及)腹腔内に侵入する感染経路です。
  • カテーテル挿入時の感染も外因性の感染です。

 

【内因性】

  • 経腸管感染:胆嚢炎、虫垂炎、憩室炎、腸管壁の穿孔などからの菌の波及です。
  • 血行性感染:結核や歯科疾患などによる血行性の菌の波及です。
  • 経膣感染:女性の場合、腹腔に開いている卵管采から菌が波及することがあります。
  • その他:腹腔内膿瘍などによる菌の波及があります。

 

PD腹膜炎の臨床症状

腹痛発熱 80%
排液混濁 80%
発熱(37.5度以上) 30%
嘔気・嘔吐 50%
低血圧 20%

 腹痛と排液混濁は必ずしも同時に発症するわけではなく、腹痛がなく排液混濁のみのこともあれば、遅れて排液混濁をきたすこともあります。排液混濁には腹膜炎以外にも鑑別すべき疾患が多いですが、PD関連腹膜炎であることが多いと言われています。
 腹痛がなく排液混濁に気づかない場合、診断が大幅に遅れることがありますので、日常での排液の観察が大切となります。

日本透析医学会「腹膜透析ガイドライン2019」 第六章「腹膜炎管理」より引用

R30120Ver1.0

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ