日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

領域別情報

腹膜透析(PD)

適正透析と処方

2 - 1.腹膜平衡試験 (Peritoneal Equilibration Test;PET) - 1

1)PETの特徴

  • 腹膜の透過能をみる再現性に優れた検査法です。
  • PETは非侵襲的であり、客観性、簡便性、経済性に優れています。
  • PETは導入初期および半年~1年ごとに施行し、腹膜透析(PD)処方あるいは透析方法の変更を検討する材料とします。
  • 腹膜炎後の除水不全が持続する場合にも施行を考慮します。
  • EPSは腹膜透析(PD)離脱後に発症する頻度が高いため、PETカテゴリーHighが持続する場合は腹膜透析(PD)離脱後も一定期間カテーテルを留置し、PETで腹膜機能を観察する場合もあります。
  • カテーテル挿入1カ月以内、腹膜炎後1カ月以内、イコデキストリン透析液の使用はPETデータに影響することがありますので留意が必要です。

2)PET操作手順(操作マニュアル)

fig

fig

fig

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

※フロシールに関するコンテンツと会員登録は、フロシールサイトをご参照ください。

 

fighttp://www.floseal-jp.com/

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ