特集

特集

エキスパート医師からのメッセージ

自然体で前向きに。患者さんが必要とする治療を適切に提供する

水口 潤 先生
社会医療法人川島会 理事長

腎臓の専門家を目指した理由

水口先生医師になった当初は、⼤学で血液・神経内科の教室に入り、筋ジストロフィーなどの神経疾患や⽩⾎病を研究していました。筋ジストロフィーには根本的な治療法がありませんし、白血病も当時は治らない病気と言われており、若い患者さんが亡くなられる例を多く診てきました。

その後、研修先の病院で⾎液透析に携わる機会を得ました。腎不全が原因で引き起こされる食欲不振や肺水腫などの症状が、透析で一気に改善するのを⽬の当たりにし、これは患者さんを助けられるやりがいのある治療だと感じたのが腎臓内科医を志したきっかけです。

その頃、移植医療はまだ一般的ではなかったのですが、患者さんにアンケートを取ったところ、半分以上の患者さんが腎移植を受けたいと希望されていました。腎不全患者さんと長く関わっていくのであれば、移植医療にも対応できなければならないと考え、東京女子医科大学の太田和夫先生に師事し、腎移植を学びました。5年間内科医をやっていたため、最初は術前術後管理の担当でしたが、徐々に手術にも参加さえてもらえるようになり、最終的には移植手術もできるようになりました。内科の認定医で、外科の移植認定医の資格を持っているのは、日本中で私だけなのではないかと思います。

 

全文を読むにはログインしてください。

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ