血液透析(HD)

透析患者の課題とこれから

透析患者の課題とこれから

本邦の維持透析患者数は増加の一途をたどり約34万人に上っています。透析導入年齢は、最も割合が高い年齢層が、男性で70-74歳(全体の17.4%)、女性は80-84歳(全体の16.7%)と患者の高齢化が著しく進展していることも、本邦の透析患者の特徴となっています1)

透析医療の進歩に伴い、高齢者であっても透析を開始、継続し生命をつなぐことができるようになっています。一方で、治療体系として確立した透析医療にも、依然として予後や患者QOLは十分に改善していないといった課題があります。高齢化に伴うQOL低下への対応は急務であり、サルコペニア・フレイルに対する予防、治療がターゲットとなっています2)

高齢化社会において「単に長く生きること」よりも、「人生をどう生きるか」を重要視する症例に接する機会も多いのではないでしょうか。このような課題を抱える背景の中で、世界では「PRO(Patient Reported Outcome:患者によって報告される治療効果)」という概念が急速に注目を集めるようになりました。

このコーナーでは、透析患者さんが抱える課題と対策について、エキスパートの視点からお話しいただきます。

 

1)一般社団法人日本透析医学会 統計調査委員会 「わが国の慢性透析療法の現況より(2020年12月31日現在)」
2)Inaba M, Okuno S, Ohno Y : Importance of Considering Malnutrition and Sarcopenia in Order to Improve the QOL of Elderly Hemodialysis Patients in Japan in the Era of 100-Year Life. Nutrients 2021; 13 (7) : 2377.

 

 コンテンツの閲覧には会員ログインが必要です)

R30216 ver1.0

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ