日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

カテーテル挿入術

PDカテーテルの概要

1.PDカテーテルの構造

1)カテーテル先端部の形状と特徴

fig

 

ストレート型
先端部が直線的でダグラス窩(直腸子宮窩または直腸膀胱窩)への留置が容易です(図のタイプ)。

カール型
先端が外から中へ渦巻き状の形状になっているタイプで、透析液の注排液時の疼痛が少なくカテーテル位置移動や大網、腸管の巻き込みが少ないといわれていますが、明確なデータはなく、いったん位置移動を起こすと整復しにくいという欠点があります。


2)カフ間の形状と特徴

ストレート型
カフ間は直線的で、皮下部分をカテーテルの自然弯曲によって埋め込むために、カテーテルの復元力によって位置移動が生じやすいといわれています(図のタイプ)。

スワンネック型
カフ間がU字型になるように成形されているタイプで、出口部を下向きにすることで、汗や垢、水滴などが出口部に溜まることを防ぎ、出口部を清潔で乾燥した状態に維持できるといわれています。


2.我が国での汎用度の高いカテーテル

(丹野有道、2011、「腹膜透析療法マニュアル」、東京医学社、P37-47 一部改編)

fig

(山川正人ら、2008 腎と透析 Vol.65 別冊 腹膜透析2008 p37-42)


3.カテーテル挿入術前後の処置

1)挿入前の処置

  • 切開創・出口の位置決定
  • 腹部の剃毛・脱毛
  • 消毒液を使用した入浴
  • 洗腸、完全排尿と導尿など消化管、膀胱の前処置

2)挿入後の処置

  • 腹部X線写真
  • カテーテル位置、腸管ガス像
  • カテーテル機能の評価
  • 疼痛管理
  • コンディショニングの開始

(窪田実、2003 臨牀透析 Vol.19 No.7 p979-984)


4.手術早期の合併症

  • 臓器穿孔(スタイレット使用時など)
    • 膀胱、腸管など
  • 腹腔内出血(血性腹水)
  • 腹痛
    • 術後の創痛、注排液時の疼痛
  • 透析液のリーク(腹膜の結紮不良やカフ固定の際の針刺しなど)
  • カテーテル閉塞
    • フィブリン塊や凝血による閉塞
    • カテーテル皮下トンネル部分の曲り
    • 位置移動
    • 大網捲絡
    • 便秘による閉塞

(窪田実、2003 臨牀透析 Vol.19 No.7 p979-984)