日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

PD患者さんの生活

旅行時の対応

旅行中に医療施設に通う必要がなく、旅行を楽しんだり、出張先で仕事ができたりすることは、腹膜透析(PD)のメリットの一つともいわれています。 バクスターでは、患者さんの旅行に際し、様々なサポートをさせていただいておりますが、より安心して旅行にお出かけいただくために、医療機関の皆様にも、以下の事項について、ご協力をお願いさせていただいています。

 

旅行先での緊急受け入れ施設について

  • 患者さんへ、旅行先での腹膜透析受け入れ施設をお知らせください
  • 旅行先の受け入れ先施設へ、事前にご連絡をお願いいたします

弊社へのご連絡のお願い

薬剤・器材・機械等の旅行先への配送が必要な場合には、バクスターまでご連絡ください。

連絡先:サービパックグループの各医療機関担当者まで

 Tel 0120-033-689  または 03-6894-3100
 Fax 03-6220-0360
 メール tokyo.shs.takuhai@baxter.com

下記事項を担当者にお伝えください

  • ご旅行される患者さんのお名前
  •  滞在日程
  •  配送希望品 と 数量
  •  配送先の住所・電話番号

※「連絡用FAXフォーム」をご利用いただくと便利です

なお、旅行先への手配については配送料金がかかります。弊社医療機関担当者より患者様へご案内させていただきます

 

ご連絡をいただく時期にご留意ください!
医療品の配送のため、手配に時間がかかります。

  • 国内旅行では、2週間前まで
  • 海外旅行では、5週間前までにご連絡ください 
    (ハワイ・アラスカ・中国は8週間前まで)

<海外配送について>

現地で使用されている透析液・器材の手配となり、日本で使用されているものとは異なります。また、お届けできない国・地域もございますので、バクスターまでご確認ください。
現地の病院での受診が必要となる場合もあります。
日本の透析液の海外への配送(輸出)サポートは行っておりませんので、ご了承ください。

 


患者さんへお伝えいただきたいこと

通常の診療で説明されている自己管理の注意事項に加え、旅行にあたっては、下記の事項も必ずお伝えいただけますようお願いいたします。

  • 緊急時は受け入れ施設で提供可能なシステムに合わせてもらう必要があり、それ以外の緊急対応はできない場合があること。
  • 忘れ物をされると、治療が継続できず、旅行を中断せざるを得ないケースもありえるため、必ず持ち物を確認すること。
    特に、ミニキャップキット、UVフラッシュディスコネクトキット等、キット類 を忘れる方がおられます。また、誤って操作中に落とした場合などに備え、少し多めに持参されることをお勧めしております。

患者さんに安心してご旅行にお出かけいただくため、ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。