腹膜透析(PD)

腹膜透析(PD)

PD治療における質管理

PD治療における質管理について (CQI:Continues Quality Improvement)

平成22年度に厚生労働省による「医療の質の評価・公表等推進事業」が始まり、現在、複数の病院団体が中心となって、診療アウトカム向上に向けた取り組みが行われています。また、日本看護協会では平成24年からDiNQL(ディンクル:Database for improvement of Nursing Quality and Labo:労働と看護の質向上のためのデータベース事業)と呼ばれる看護の質評価事業の取り組みを推進しています。

ここでは、PD治療における質改善活動(CQI:Continues Quality Improvement)を実践していく上での有益情報やツールを紹介します。ご施設でのCQI活動にお役立て頂ければ幸いです。

 

●CQI総論動画(全28分)

CQIについてわかりやすく解説いただいています。
講師:慶應義塾大学医学部 血液浄化・透析センター 森本耕吉 先生
  前半:CQI概論(約10分)
  後半:CQI実践(約18分)(JPMG232200083a)
 

 

 

●CQI実践のためのテキスト

CQIを実践するためのハウツウが詰まったワークブックです。
このワークブックを順に進めていくとPDCAサイクルを回し、一通りのCQI実践を学ぶことができます。

CQIワークブック (JPMG232180017)
 

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に、バクスター株式会社の医療用医薬品、医療用機器を適正にご使用いただくために、日本国内の承認に基づき作成されております。
日本国内の医療機関、医療行政機関にお勤めされている方を対象としており、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※一部、閲覧に会員登録が必要なコンテンツがございます。ご了承ください。
 会員コンテンツ例:セミナー動画コンテンツ/文献紹介/インタビュー・特集
※会員様以外でも以下のコンテンツはご覧いただけます。
 製品基本情報(添付文書・お知らせ文書・インタビューフォーム等)/学会・セミナー情報 他

申し訳ございません。このページは、医療関係者の方のみにご提供させていただいております。

バクスターサイトへ