日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

スープレン吸入麻酔液

概要

スープレンは、炭素と結合力の強いフッ素のみでハロゲン化された化学構造を有すため、 生体内で優れた安定性を有します。各組織の組織/血液分配係数は、他のハロゲン化麻酔剤 と比べて最も小さい値を示します。 2011年4月22日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、2011年7月に販売を開始しました。 さらに2014年6月より容器がアルミニウム製容器に変わり、内容量を変えずして軽く・割れにくくなりました。

特長

  1. 吸入麻酔薬としての有効率は98.8%です。
  2. 血液/ガス分配係数は0.424であり、小さい値を示します。
  3. 組織への溶解性が低く、取り込みと排泄が早い薬剤です。
  4. 麻酔からの覚醒/回復が速やかです。
  5. 炭素と結合力の強いフッ素のみでハロゲン化された化学構造であり、生体内で優れた安定性を有します。
  6. 生体内代謝率が比較的低い薬剤です(血清中無機フッ素イオン濃度及び血清中TFA濃度共に定量下限未満)
  7. 承認時までに、国内臨床試験で本剤を投与された安全性評価対象例169例において、臨床検査値異常を含む副作用は106例(62.7%)に200例認められました。主な副作用は、悪心27.2%、嘔吐14.2%、ビリルビン増加12.4%、血圧低下9.5%、γ-GTP増加5.9%、AST(GOT)増加4.7%、心拍数減少4.7%等でした。
  8. 重大な副作用として、悪性高熱、高カリウム血症、重篤な不整脈、横紋筋融解症、ショック、アナフィラキシー、肝機能障害、黄疸、及び喉頭痙攣(いずれも頻度不明)が報告されています。

関連情報

製品名

品番

規格

包装

規制区分

承認番号

スープレン吸入麻酔液(アルミニウム缶)

JP2L9102ALU

1mL

240mL x 6本

劇薬
処方せん医薬品

22300AMX00519000

製品情報

スープレン吸入麻酔液