日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

PD導入を迷う症例

2.肥満患者

肥満患者に対するPD導入のポイント

ERBP (European Renal Best Practice)より、腹膜透析(PD)適応に関する臨床アドバイス の中に、肥満は腹膜透析(PD)の禁忌と考えられるべきではないとあります。

ここでは肥満患者に対する腹膜透析(PD)導入に際し、そのポイントについて図を用いてご紹介します。

ERBP (European Renal Best Practice)より腹膜透析(PD)適応に関する臨床アドバイス

以下の臨床状態は腹膜透析(PD)の禁忌と考えるべきではない:

  • 腹膜透析(PD)を実施するにあたり,身体的・精神的に困難と考えられる患者
  • 高齢
  • 治療に対してアドヒアランス / コンプライアンスが低い患者
  • 肥満
  • 鬱血性心不全
  • 多発性嚢胞腎
  • 憩室炎
  • 腹部ヘルニア
  • 門脈圧亢進
  • 肝移植

Covic A, et al. Nephrol Dial Transplant. 2010; 25(6): 1757-1759.

 

出口部作成の位置

肥満患者への腹膜透析(PD)導入に際して考慮する点として、出口部をどの位置に作成するかという点があります。

ここでは2つの方法をご紹介します。

<上腹部カテーテル:UAE(upper abdominal exit-site)>

fig

バクスター社. CAPD Manual カテーテル留置術, 2007.

<上腹部カテーテル:UAE(upper abdominal exit-site)>


<前胸部カテーテル(別名:バスタブカテーテル)>
出口部分を上方に作成する方法

fig

バクスター社. CAPD Manual カテーテル留置術, 2007.

<前胸部カテーテル(別名:バスタブカテーテル)>


UAEの選択理由としては、従来の腹部出口では 皮下脂肪により出口部のケア・観察が困難であること、皮膚のたるみから、出口感染の危険が高いことなどが挙げられます。

高度肥満患者への上腹部出口 (UAE) 例

fig

江崎隆, 他. 中国腎不全研究会誌. 2010; 19: 227-228.

 

肥満患者での適正透析への考慮

肥満患者へは 透析不足にならないよう適正透析を維持するため 透析液量を考慮する必要があります

fig

 

BMIで階層化した血液透析(HD)患者に対する腹膜透析(PD)患者の死亡の相対リスクに関しては30.00以上でハザード比が1を超えるので、透析不足にならないように適正透析量を維持する必要があります。

fig

Lievense H, et al. Nephrol Dial Transplant. 2012; 27: 3631–3638.