日本の承認内容に基づき日本国内で使用される製品の情報です。 | 会員登録について バクスター株式会社

適正透析と処方

3 - 2.腹膜透析(PD)処方の実際 - 2

7)症例に合わせて選択できる要素

処方設定因子「体格」「残存腎機能」「腹膜透過性」を考慮して、適正透析(Kt/V1.7/週)を達成するべく下記の5つの項目を調整して、個々の症例に合わせた処方設定を行うことになります。ただし、適正透析とはKt/Vの達成だけではなく、普段から全身状態を観察し、必要に応じて腹膜透析(PD)処方の変更か他の治療法へ変更を検討することが重要となります。

  1. 貯留時間
  2. 貯留量(注液量)
  3. 交換回数
  4. 総透析液量(貯留量と交換回数の組み合わせ)
  5. 透析液濃度(ブドウ糖濃度)およびイコデキストリン透析液の使用

8)腹膜透析療法の種類

fig

CCPD(continuous cyclic peritoneal dialysis)

夜間就寝中などに、サイクラー(自動腹膜灌流装置)を使用して3~5回の注排液を行い、腹腔内に透析液を貯留させた状態でサイクラーを終了させます。そして昼間は、腹腔内に透析液を長時間貯留した状態で過ごす方法(CCPD type I)と、CAPDと同様に昼間に1~2回のバッグ交換を行う方法(CCPD type Ⅱ)があります。CCPDでは、昼間の透析液の貯留が長く、ブドウ糖の再吸収が多くなるため浸透圧勾配の消失からくる限外濾過量(除水量)の低下に注意する必要があります。

NPD(nightly peritoneal dialysis)

夜間就寝中などに、サイクラーを使用して数回の注排液を行い、サイクラー終了時に排液をして昼間は腹腔内に透析液を貯留しない方法です。適応としては残存腎機能が十分に保たれている症例や多くの透析量を必要としない小柄な症例ということになります。ただし、間欠的な方法であるため溶質除去に限界があり、透析不足をきたしやすい特徴があるため、普段からの残存腎機能や全身状態のチェックが重要となります。

TPD(tidal peritoneal dialysis)

夜間就寝中などに、サイクラーを使用して初回注液量の約半分だけを頻回に注排液し、常に腹腔内に透析液を残した状態とする方法です。1回の交換に要する注排液の時間が半減されるため、限られ時間内で透析効率を上げることが可能となります。ただし腹腔内に常に約半量の残液があるため1回あたりの透析効率が低くなるという特徴がありますので、透析不足を予防するために透析液量を増加させる必要があります。


9)残存腎機能に合わせたAPD処方

fig

腹膜透析(PD)導入当初は残存腎機能が十分残っているので、夜間のみAPDサイクラー(自動腹膜灌流装置)を用いて昼間貯留をしないNPDから始める処方が多いようです。

ただし、残存腎機能は徐々に低下していく過程で透析不足をきたす場合には、日中に1バッグの貯留を行う、夜間注波量を増やす、さらに日中交換を加えるという処方の変更が必要となります。

通常のNPDを行っている症例で体液貯留傾向を呈し、日中貯留を行うCCPD Iに変更する際の貯留液として、長時間貯留での除水効率が高いイコデキストリン透析液(Extraneal)を用いることが有効であり、このNPDとイコデキストリン透析液の組み合わせはE-APDと呼ばれています。

E-APDの特徴は、残存腎機能が低下してきたNPD症例の昼間のバッグ交換回数を増加せずに透析効率を上げることができるということです。